本文へスキップ

社会福祉士合格への道!今、注目のソーシャルワーカー

社会福祉士 合格

社会福祉士合格、社会福祉士学習法

news

社会福祉士は、「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。

社会福祉士とは、専門的な知識と技能をもって、身体または精神に障害がある人や、何らかの事情で日常生活を営むのに支障がある人々の相談にのることが主な仕事です。

これらの人々の不安を解消し、心の支えとして活躍できるのが社会福祉士です。

近年特に問題化し、さまざまなメディアでも取り上げられているように、少子高齢化の進行や子供のみならず要介護が必要な高齢者への虐待問題など社会福祉士に対する二一ズはますます高まっています。

そして、そういった現状から、社会福祉士は、まだまだ不足しているのが現状です。

責任は重い仕事ですが、その分とてもやりがいのある仕事です。

2013年には65歳以上の高齢者人口の比率が4人に1人を超えると予想されています。

社会福祉士に対する社会的なニーズが高まっているにもかかわらず、社会福祉士の数はまだ全然足りていないのが現状です。

資格がなくても相談援助業務(ケースワーカー、ソーシャルワーカー)はできますが、多くの施設や事業所で資格取得を求められるようになっています。


社会福祉士は、各福祉施設や行政機関で相談業務を担当し、将来は施設等の管理者として活躍するほか、独立して社会福祉事務所を持つことも可能です。

また、スクールソーシャルワーカー、更生保護制度や就労支援サービスの分野での活躍も期待されています。

さらに、一般企業などにおいても、シルバービジネスや福祉サービスを展開する上で社会福祉士の知識はとても有効であり、今後、ますます社会福祉士の活躍の場は広がっていきます。

活躍できる場所も今後ますます広がっていくことになってきますし、社会的な意義も高い職種に向けてぜひチャレンジしてください。


ユーキャンの通信講座

 社会福祉士 講座  

面倒な往復は不要! 自宅・通勤中など、マイペースに学べます!

教材、添削、サポートも全部あわせて分割月々4,980円!!