本文へスキップ

社会福祉士合格への道!今、注目のソーシャルワーカー

社会福祉士 合格

社会福祉士試験概要/社会福祉士合格、社会福祉士学習法

社会福祉士試験概要

受験資格

  • 大学等で「指定科目」を履修した者
  • 短大等で「指定科目」を履修し、「相談援助実務」を経た者
  • 社会福祉士「養成施設」を卒業した者
  • 福祉事務所の査察指導員等の実務経験が5年以上ある者
 試験内容  筆記試験(19科目)
人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム、現代社会と福祉、地域福祉の理論と方法、福祉行財政と福祉計画、社会保障、低所得者に対する支援と生活保護制度、保健医療サービス、権利擁護と成年後見制度、社会調査の基礎、相談援助の基盤と専門職、相談援助の理論と方法、福祉サービスの組織と経営、高齢者に対する支援と介護保険制度、障害者に対する支援と障害者自立支援制度、児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、就労支援サービス、更生保護制度

試験時期

年1回

例年1月下旬の日曜日に実施されます

合格発表は3月末

試験形式

マークシート形式(5択)

出題数150問、総試験時間240分

合格基準

問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上を得点し、なおかつ各科目すべてにおいて得点のあること。

受験手続

受験希望者は(財)社会福祉振興・試験センターに受験書類をご請求の上、受験手続を取ることが必要です。

例年9月上旬〜10月上旬の1ヵ月間が受験申込期間になります。

受験料

5,580円(別途、「受験の手引」料600円が必要)




ユーキャンの通信講座

 社会福祉士 講座  

面倒な往復は不要! 自宅・通勤中など、マイペースに学べます!

教材、添削、サポートも全部あわせて分割月々4,980円!!